Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピクロボのラフ公開!

こんばんは。この風の中この後バイトに向かいます。hark-nelです。

台風きてるよ!怖いよ!雨戸プリーズ!!




はい、というわけで前回もちょこっとアップしましたが、ピクロボの次回作のラフの続きを公開!



やすほむ表紙

まず表紙の絵。「やすほむ」ってタイトルになります。私のキャラがヤスリ、絡み相手の名前がほむら。なんのひねりもないです。








やすほむ2

ほむら君の機体はパワードアーマーなので小型!小さく洗練されたボディにヤスリもめろめろ。









やすほむ3

ラストは温泉風景。ヤスリが「女に興味ない」と言っていますが男に興味があるという事ではありません。
ロボにしか興味がないということです。ハイ。





と言った感じで、前回のとあわせて簡単に着色したものをピクシブにアップ予定ですので、お楽しみに!





・・・



ううむ、台風…。やだなぁ~こわいなぁ~。

スポンサーサイト

ぽろっとラクガキリコッタ

こんにちは。ガーナのチョコクッキーサンドアイスが美味い。hark-nelです。

チョコ美味いしクッキーしっとりサクサクだしちょっと感動した。


さて、私がドッグデイズのリコッタが大好きなことは皆さん承知だと思うのですが、そんなリコッタちゃんを描き描き…


リコラフ

最近上半身ばかりしかかいてない私。


いやぁリコッタ可愛いですよね。水樹奈々さんはロリキャラの演技が特に好きです。


以上、バイト前に少々焦りながら更新したhark-nelでした。

ピクロボ次回絵ラフ!

こんばんは。パフェデザートチョコチップスの苺のチーズケーキ味が美味い。hark-nelです。

バニラにチーズクッキーにチーズケーキに苺…タマラン。




さて、今参加してますピクロボの次回作のラフを一点!


やすほむ

ピクロボ仲間のキャラを使ってキャッキャウフフします。男の娘とはそういう立ち位置だと思います。

またこんな感じのラフ絵を着色した絵を何点かまとめて公開する予定ですので、お楽しみに!

作業時に聞いている音楽紹介!~印象系ミュージック編~

こんばんは。マルチャン製麺食べたい。hark-nelです。


今回は少し趣向を変えて私が作業時に聞いている曲のご紹介。


基本的にエレクトロや印象的な曲が好きなので、その辺が好きな方は是非ご視聴なさってください!




米津玄師 『ゴーゴー幽霊船』



最近私がドはまりしている米津玄師さんのゴーゴー幽霊船。ニコニコで有名ですね。
まずイントロが素敵です。こういう繰り返し系といいますか、とにかく耳に残るメロディがたまりません。




Two Door Cinema Club 『What You Know』



ツードアーシネマクラブというバンド。ギターと打ち込みのエレクトロロック、といったジャンルでしょうか。
こちらもイントロが印象的で素敵。この曲で一聞き惚れしました。




RADWIMPS 『DADA』



ラッドウィンプス、バンド系が好きな方は知ってる方は多いんじゃないでしょうか。
このバンドも印象的な曲を多く作ってるので好きです。イントロのドラムダカダカがたまらんですな!





Call of Duty:WaW 『Black Cats』



コールオブデューティ、日本非発売のワールドアットウォーというゲームのとあるステージの曲。
太平洋戦争が舞台なので、和風が混じりつつのオーケストラとエレキギター、そしてエレクトロなこのマッチングがたまりません。
太鼓のダカダカがすてきです。




という感じでなんとなく私の趣味が分かったかと思われます。

また日記のネタが思い浮かばないときに第二段を公開しようと思います!お楽しみに!

ゾンビサバイバル25日目までのまとめ!

こんばんは。ゲオのバイトが楽しい。hark-nelです。

こんな映画借りるんだーとか、え、なにこの映画!とか、映画だけで物凄い発見があるという。



さてさて、最近ペースが落ち気味ですがゾンビサバイバルの21日~25日までのまとめを公開!

以前の記録は↓

1~5日目

6~10日目

11~15日目

16~20日目







21日目


今日のトトール:【戦闘】全身がツギハギになった巨体のゾンビに遭遇! もしやゾンビを人為的に改造した者がいるのか? ともあれ戦わねば切り抜けられない! 11のダメージ! 食糧:-2
8・30
ダメージでかすぎぃ!!











22日目


今日のトトール:【改造】無人の研究施設で目覚めた君は半分機械の体にされていた! HPが110まで回復(初回限定。上限も110に)だが燃費が悪く、以後「食糧:-●」と出た場合さらに食糧-1。
9・4
まさかの体力全回復+α!!うれしいけど燃費悪い!











23日目


今日のトトール:【拠点】広大なショッピングモールの鍵(アイテム扱い。以降【探索】が出るたび、その内容が気に入らなければ「HP:-2 食糧:+1」に結果を変更可能)を発見! 食糧:-3
9・17
おお、燃費悪いから助かるぞ!











24日目


今日のトトール:【探索】軍人の死体を発見。誰かを守って力尽きたのだろうか・・・ショットガン(【戦闘】で受けるダメージ常に-3。最低1点は受ける)を得た! 食糧:-3
9・25
おお頼もしい!何よりカッコイイ!鍵なんていらねーやポイ!











25日目


今日のトトール:あれはなんだ……ヘリポート?「クリアフラグA」「クリアフラグB」が揃っているなら、おめでとう、君はこの地獄から脱出できる! なければ揃えた時点で脱出(再び来る必要はない)
9・26
クリアフラグなんてAもなければBもない!!



と、言うわけで脱出の希望は見えてきましたがまだまだ先は長そうです。


続報を待て!!

ピクロボ更新!「ヤスリの生態」

こんばんは。豆腐がうめぇ。hark-nelです。

おいしいけどおなかにあまりたまらない…。



さて、先日からピクロボに参加しておりますが、今回二回目の投稿をいたしました。


こちら↓






ヤスリ君の一日を簡単なカラーで描きました。見てもらうと分かるのですが彼はとても単純な男です。

朝風呂して外で部品探して夜弄る。これのローテーション。


次回は他の方のキャラと絡んでいこうかと思いますのでお楽しみに!


気まぐれ短編小説その2「何分かごとに指が折れていく話」

こんばんは。100円ローソンの10個入り卵はすごいと思う。hark-nelです。

100円で10個なもんだからなんかドンドンいれちゃうよね!!やだ豪華!!





さてさて、気まぐれ小説第二弾です。こんかいはホラーちっく。ちょっとエグいです。









何分かごとに指が折れていく話



「ぐち」という音と共に彼女、藤下美咲(ふじした みさき)の小指はいつもとは逆の方向に折れ曲がった。

「ぎゃっ」

美咲はその可愛らしい顔立ちからは想像も出来ぬ濁った悲痛の叫びを上げる。何が起こったのか訳も分からぬまま激痛のする右手の小指を見た。
小指は綺麗な指の直線を保ちながら美咲の方向に折れ曲がっている。関節部分の皮が裂け、赤みを帯びた肉が血を滴らせながら剥き出ていた。

「痛い!痛い!」

美咲はベッドから飛び出し、壁に掛けてある制服のポケットからティッシュを取り出し、血の湧き出す傷口をそれで押さえた。が、見る見る白は赤に染まってゆく。
この突然の事態に何も理解できない彼女は、ひんひんと泣きながら大粒の涙をぼろぼろとこぼす事しか出来なかった。

「お母さん!!」

---

いつものように、ねぼすけな美咲を起こそうと彼女の家を訪ねた少年、松田利洋(まつだ としひろ)は、彼女の悲鳴を聞き駆け足で部屋に向かった。

「美咲!」

部屋のドアを開けると、そこには慌てて救急箱を漁る美咲の母親とパジャマを血だらけにした美咲の姿があった。この非日常な光景に利洋は我が目を疑う。

「な、何があったんだよ!」

母親は小指に包帯を巻いていく。美咲は激痛に顔を歪ませた。母親は口を震わせながら利洋を見る。

「ついさっき叫び声がして駆けつけてみたら、美咲の指が…」

「どういうことだよ美咲、誰にやられたんだ!」

美咲は涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら何度も首を振る。そして突然悲鳴と共に跳ねた。

「ぎゃあ!!」

母親は慌てて美咲の手を見る。今度は薬指が折れ曲がっているではないか。母親は悲鳴を上げ慌てふためいた。

「何なの、何なのよぉ!」

ぶるぶると体を震わせながら美咲はその真っ赤にした目を利洋に向けた。

「助けて…利洋ぉ…助けて…!!」

---

美咲の両手のすべての指が折れ曲がる頃、救急隊は到着した。急いで病院へと向かうも、救急車内で美咲は死亡した。
足と頭が接触するほどにコンパクトに折れ曲がった美咲の目に既に光はなく、裂けた腹から勢いよく血と臓器を垂れ流しているだけであった。
叫び狂う美咲の母親を救急隊員が宥めている。利洋はびたびたと滴る血液をただただ眺めていた。

「美咲…?」

不気味に歪んで動かない口。焦点の合わない目。いままで見せたことのない、そしてこの先変わることのない死体の顔が、車の振動と共にぐらぐらと揺れている。
美咲は死んだ。美咲は死んだ。

「嘘だ…」

その時、利洋の小指に激痛が走った。うぐっと小さく悲鳴を上げ、体を屈めた。母親を宥めていた救急隊員がそちらを振り向く。

「ゆ、指が!」

小指は不自然に折れ曲がっていた。利洋は体中から脂汗が吹き出すを感じた。救急隊員が駆け寄るが、その瞬間運転席から叫び声が聞こえ、そして車内が傾いた。
母親、死体、救急隊員、利洋、そして車内の機材すべてが中に浮き乱雑に跳ね回る。大きな衝撃音と共に救急車は停車した。

---

激痛で利洋は目が覚めた。異臭が鼻をつんと突く。生暖かく動かない救急隊員が利彦に不自然な体勢で圧し掛かっている。車内はとても静かだ。
救急隊員を押しのけ車内を見渡す。先ほどまで綺麗に整備されていた景色が、血と臓物の塗りたくられたおぞましい地獄絵図と化していた。
漂う異臭、血の香り。そして釘を刺したような体中の痛みが利洋の脳をじわじわと侵食していく。心臓の音が徐々に激しくなる。苦しい。
血と涙が混じってベタベタになった利彦の視線が正面へ向けられる。そこには折れ曲がった美咲が壁にもたれかかっていた。
真っ赤に染まった美咲の顔は、先ほどまで焦点の合わなかった目を確実に利洋に焦点を合わせ、歪んでいた口を満面の笑みへと変えていた。
死んでいるはずのそれは笑顔のまま歯をぎしぎしと掻き鳴らし、ぐっぐっと何処から発しているのかよく分からない不気味な音を鳴らしながらひたすらに利洋を見ている。

「ひっ」

恐怖を感じた利洋は後部の扉を開こうとレバーに手を掛けようとする。しかし思うようにいかない。見てみると右手の指がすべて折れ曲がっているではないか。
右手だけではない。左手も薬指と小指を除いてすべてぐちゃぐちゃに折れ曲がっている。そして確認するのを待っていたかのように薬指がボキリと折れ曲がった。

「ぎゃあ!!」

利洋の悲鳴が血まみれの車内に響く。続いて歯軋りとぐっぐっという不気味な音。利洋は残された小指で必死にドアを開こうとする。不気味な音が確実に耳元に近づいてきている。
ロックがはずれ、ドアを足で思い切り蹴飛ばした。ギィとドアは鈍い音をあげ開き利洋は車外へと飛び出した。焼け付くようなアスファルトに救急車から漏れ出した血液がじわじわと染み込んでいく。
薄暗い車内の影から、赤く染まった美咲の顔がぬらりと現れた。ぐっぐっと音を発しながらずりずりと動いている。利洋は即座にドアを閉めた。不気味な音はしなくなった。

「はぁっはぁっ…」

安堵している暇はない。利洋は左手の小指を見つめた。

「この小指が折れたら、俺も美咲のように…!」

絶えず迫りくる恐怖と焦燥、どうすればいいのか。死ぬしかないのか。美咲みたいになってしまうのか。
脳内をぐるぐると気持ちの悪い何かが暴れまわっている。喉の奥から液体が込み上げる。それを口から吐き出しつつそれでも残された指をじっと見つめていた。

「…小指がなければいいんだ…。」

確かな確証はない。あるわけがない。しかしそれしかない。

利洋は震える小指に、思いっきり噛み付いた。

---

「…きて。起きてよ利洋!」

聞きなれた声が脳内に響く。ゆっくりと目を開ける。

「美咲…?」

「まったく利洋ったら、私よりおねぼうさんになっちゃったの?」

ああ…いつもの美咲の声。可愛らしくてすこし鼻にかかった愛おしい声。

「ほら、早く学校いこうよ!遅刻しちゃうよ!」

「はは…まさかそんな台詞を美咲に言われるなんてなぁ」

「な、なにそれ!馬鹿にしないでよね!」

ぐっぐっぐっぐっぐっぐ

ぐっぐっぐ

ぐっぐっぐっぐ




おわり

ボカロ新曲公開!【a PASSAGE】

こんにちは。2度あることは3度ある。hark-nelです。


以前お伝えしました私が参加しているボカロサークルSACRiの新曲を公開いたしました!

こちら↓




前回は絵コンテのみ参加でしたが今回初めて私がイラストを担当しまして、色々と緊張しております。


ぜひご視聴してやってください!

ピクロボ参加しました!

こんばんは。絵がブレる。hark-nelです。


本日よりピクシブロボット大戦、略してピクロボに参加しやした!

ロボットかける人間ではないのでロボは多分描かないのですが、そんな世界に住むキャラクター描いて見たいなーって思い描いてみました。

ついでに男の娘も描きてぇ~って思ってたので同時消化のごとく。





ヤスリ・スコヤカンナ君です!

名前の元ネタはヤスリ・スコヤ・カンナ。三つの工具の名前合わせただけです。安直ッ!!
っていうか台詞の「関節」が「間接」になっててめっちゃ恥ずかしい。皆さんも確認はしっかりね!!(ぇ


いまいち何をすればいいかまだ理解できてないので、ゆっくり始動していければと思っております。



ヤストト

これでピクシブ企画モノのオリキャラが二人になりました。少ないけどかなり愛着わきますね。
色々動かしたいです。


ボカロ新曲告知!~ポップでスピーディでみっくみく~

こんばんは。片栗粉料理はおなかにたまる。hark-nelです。


さてさて私が参加していますニコニコのボカロサークルSACRiの新曲が完成しました!


ジャケットブログ用

題名は「a PASSAGE」 ショートミュージックです。

1分ちょっとの曲の中にミクちゃんの愛情てんこもり。ちょっぴりエレクトロスパイスの効いた軽快なポップミュージックとなっております!


今週中にでもニコニコにてアップいたしますのでお楽しみに!




過去にアップした曲はこちら↓











気まぐれ短編小説その1「丘の上の三人」

こんにちは。世の中なかなかうまくいかない。hark-nelです。


ごくたまに、唐突に文章を書きたくなるときがあります。
乏しいボキャブラリと知識の自分を憎みつつ自己満足でつらつら書いているときのあの楽しさったらないですよ

最近ブログ更新がまた停滞してたのでちょうど良いネタだと思い投下する次第であります。









「丘の上の三人」





「あの海のずっとずっとむこうに小さな島があったとする。その島には人間はいない。自然だけが作った世界があるんだ。」

遠くを見つめる彼女の瞳が、月明かりに照らされ美しく輝いている。
毎晩その瞳に吸い込まれそうな私がいる。だがそれを彼女に打ち明けようならば今のこの関係はその時点で崩壊してしまうだろう。
そもそも打ち明けられないこのもどかしい気持ちが、私はたまらなく好きなのだ。ぎゅうっと締め付けられる心の感覚は一つの快感に近い。

「で、そんな島があったとしたらどうするわけ?」

私が彼女に抱く愛おしい感情とは真逆の冷めた返答をしてみる。同調するつもりはない。困った彼女が見てみたい。そんな彼女もまた愛おしいだろうと確信しているからだ。
遠くを眺めていた彼女の瞳が私に向けられた。耳にかけられていた長い髪がさらっと崩れ、彼女のぷっくりとした頬に掛かる。

「別に何をするってわけじゃないけどね。あったら良いなって思っただけ。」

しまった。もっと楽しい返答が出てくるかと期待していたがそう上手くいくものではない。会話が終わった。まずい事をした。
この時間が終わる。私の小さい愚かな好奇心が原因でこの素敵な空間が終わる。
続けなければ。この世界を。私の掛け替えのない時間を。まだ終わってほしくない。もっともっと彼女を見ていたい。
そうだ無人島だ。無人島の話をしてたんだ。

「あ、でもそんな島があったらあたしも行ってみたいかな。探検とか楽しそうだし―――」

「ちょっといいかな」

焦って出したみっともない私の言葉を遮って彼女は口を開く。俯いた彼女の瞳が前髪に隠れた。

「これだけはあなたに伝えておこうと思って。」

私に顔を向けた彼女の瞳に輝きはなかった。少なくとも私に良い知らせではないことが一瞬で伝わった。
潮の香りが鼻元を掠る。丘がさわさわと揺れ、彼女の髪がなびく。何処かで何処かの崩壊の音がする。
体がみるみる冷えていくのを感じるのに私の肌からはじわりじわりと汗が吹き出てきて、次に彼女の口元が動くことがない事を祈りながら引き攣った表情のまま止まった。
何も聞こえない世界で鼓動だけが聞こえた。

「わたし………を……しちゃった。」

震えた彼女の唇から発せられた言葉は無残にも潮風に揉み消された。
彼女の瞳から溢れ出る液体が、白いワンピースに透明なしみを作っていく。小さな肩が小刻みに揺れている。
泣いている。一体何故泣いている?兎に角私は彼女に近づいた。
その時、彼女のワンピースに別の色のしみが在る事に気が付いた。
私は彼女の髪をそっと掻き分け、彼女に初めて触れた。彼女は暖かく、冷え切った私の体を温めていく。まるで彼女の体温を共有していくかのように。
涙で一層輝いている彼女の瞳が私を見つめる。驚いたような表情を見せた後、その顔は崩れ安堵へと変わる。そして大粒の涙を流しながらわんわん泣き始めた。
波の音、草の音、彼女の音だけの世界に私は静かに身を投じる。
闇から幽かに見える海の白波の向こうにはきらきらと輝く星々が広がり、それは頭上を越え遠くに見えるビル群から点々と光る赤色に溶けて無くなった。
その際この丘のもう一つの存在に気が付いたが、私たちの世界には不要の物である事には違いない。
潮の香りと共に彼女の香りが私の鼻を伝い余韻を残しながら消えていく。私は彼女の耳元で囁いた。

「…あたし、君の事が好きだから。」

おわり

映画レビュー!~怪物とハロウィン~

こんにちは。鳥の胸肉だって美味しいんだ。hark-nelです。

調理する前に包丁の峰でトントンすると歯ごたえが本当に良くなりますね。



さて、映画感想週間というわけではないですが今回も二本の映画の感想をば!









怪物 モンスター


怪物 モンスター [DVD]怪物 モンスター [DVD]
(2012/03/02)
ティファニー・シェピス、ルイス・マンディロア 他

商品詳細を見る




今回は予告編の映像も載せてみるよ!なんかそれっぽい!

もう完全にB級の臭いを放つこの映画、ただ視覚的に綺麗に仕上がっていたので気になりレンタル。

公にはさらせないアブナイ研究をしている組織に主人公が参加することで物語は始まります。
人間を蘇生させる薬の研究、試作品の恐ろしい失敗、そして実験の成功。…からの…!!!

全体に漂う緊張感がなかなかすばらしく、気楽に見るつもりがいつの間にか結構真剣に見ちゃってました。

が、いい感じに盛り上がったのに落ちはあまりにも普通。次回へ続く!な終わり方で拍子抜け。
ただ前述のとおりそれまでの緊張感は凄いです。だからこそ残念なのです。

また登場人物の一人、メガネの先輩お姉さまのキャラが好き。
研究グループ新米の主人公に何かと辛く当たるツンツンお姉さまですが、後半から実験に成功した被験者を溺愛するデレデレお姉さまになるあたりから凄く可愛く見えてきます。

キャラが立っている作品は内容が良くも悪くも思い出に残りますね。










ハロウィン


ハロウィン [Blu-ray]ハロウィン [Blu-ray]
(2011/10/14)
ドナルド・プレザンス、ジェイミー・リー・カーティス 他

商品詳細を見る




まずは上のハロウィンテーマソング!

こいつが良い!耳に残る!

私が愛してやまない「遊星からの物体X」のジョン・カーペンター監督の作品。

この時代に良くある殺人鬼モノの代表格であるこの作品、良くも悪くも昔ながらのサスペンスです。

ただこの殺人鬼ブギーマンが顔に装備している白マスクがとんでもなく怖い。




o073907331267545534001.jpg

これ。





真昼間のシーンでも


o073907331267545534001.jpg


これ。





ジェイソンマスクのように強烈な印象ではないのにそれを凌駕しかねない怖さ。

いやーインパクトは凄かったです。

でもオチはとても静か。不気味な恐怖をかもし出しつつ終わっていきます。カーペンター監督の特色ですね。




なかなか今回借りてきたDVD陣は当たりばかりでテンションあげあげです。






ではでは次回は「インシディアス」と「ミザリー」をご紹介!!



最近見た映画レビュー!~スターシップとスペル~

こんばんは。涼しいと思いきややっぱ暑い。hark-nelです。

先週から今週にかけてちょろちょろと映画を鑑賞したのでそれらの感想を数日かけてチビチビご紹介!
B級サスペンスやらホラーやらを借りてニヤニヤしたかっただけなので大分内容は偏ってますが。

あと画像と一緒に紹介するのカッコイイ!って思ったので今回は画像付き!

一応前もってお伝えしておきますが私は大分ゲテモノ映画好きです。いや、普通のも好きですが。
なので「そういうのはちょっと…」って方は後日アップ予定のマクロスF劇場版あたりをご期待ください。






スターシップトゥルーパーズ


スターシップ・トゥルーパーズ [DVD]スターシップ・トゥルーパーズ [DVD]
(2006/01/25)
キャスパー・ヴァン・ディーン、ディナ・メイヤー 他

商品詳細を見る


前々から存在は知っていましたがノーマルなSFモノ(自分の勝手な思い込みである)はあんまり見ないので避けてました。



友人の「あの映画は意外とグロい」という一言から興味ゲージがMAXになったので早速借りてみました。
いやぁ、物凄い。もう記憶から離れない映画。

何がすごいって容赦がない。

内容自体は良くある軍隊と宇宙怪物との激しいドンパチなのですが、この映画は過激描写に妥協がない。
兵士が宇宙怪物に捕獲されてやられるという流れひとつにしても体は引き千切られるわ脳みそチューチューされるわと「他の映画みたいに綺麗には殺さないから覚悟しろ」と監督のお言葉が聞こえてきます。

無論宇宙怪物も綺麗には死にません。

とまぁ容赦のない残酷描写だけで私は大満足でしたが、他にもこの作品には光る部分が沢山あります。

とにかく軍隊の方々が熱いです。
前半で新米主人公を、ハートマン軍曹よろしくジム軍曹がビシバシと罵倒しながら訓練させるシーンなど、
軍曹が新米とのタイマンで容赦なく骨折させる度に「衛生兵!治療してやれ!」と叫ぶ姿はとても斬新。

すんげぇ怖い軍曹!と印象付けさせてからの後半に軍曹が見せる優しさは大変ニヤニヤさせてくれます。

他にも魅力的な上官や仲間たちが沢山います。この映画はキャラ作りがとても上手いです。


軍隊の熱さと容赦のない過激描写、そして主人公と仲間たちが繰り広げるドラマは大変すばらしい。


グロに耐性ある方はぜひ見ていただきたいSF映画!!












スペル


スペル コレクターズ・エディション [DVD]スペル コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/04/23)
アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング 他

商品詳細を見る



待ってましたサム・ライミ監督ホラー!!

私の認識としてはサム・ライミ=スパイダーマンではなく、サム・ライミ=死霊のはらわたなので、この久々のサムホラーに大期待。
といっても友人が「つまんなかった」と言っていて少し借りるのに時間がかかった一作でもあるのですが、いやぁ今回借りて正解でした。

面白い!

個人的にサム監督のホラーは「死霊のはらわた2」のようにホラーなのにゲラゲラ笑える映画なんだと信じてやまないので今作は大当たり。笑わせてくれます。

とにかく今作の元凶であるおばあさんが汚い。

色々あって主人公が車内でおばあさんに襲撃されてしまうシーンなんか物凄い。入れ歯やら何やら色々ぶっ飛ぶ。

主人公が必死でキャーキャーやってる間、見てる人間は大笑い。

よく駄目な映画がまじめに物語を進めてるのに見てるこっちは苦笑いというパターンがありますが、スペルはまじめにやってる様をあえて笑わせてきます。

といってもびっくり系ホラーとしては申し分ないし、ストーリーも良く出来ていると思います。

ただひとつ残念なのが日本での宣伝の仕方。

邦題も宣伝内容も「あのスペルを口にしてはならない」だかなんだか言ってますが内容上ほとんど関係ありません。

あんなしょうもない宣伝文句のせいで内容に裏切られたー!って方が少なからず出ていることでしょう…かわいそうに…


最近プロメテウスを劇場で見たのですが、あれもまた宣伝の仕方がひどい。

見せられればこっちのモン!ってスタンスがなんだか悲しいです。
まぁそうでもしないと売れない世の中なのでしょう。



とにかく、今回のこの二作、お勧めです!興味のある方は是非!


次回は「怪物~モンスター~」と「ハロウィン」をご紹介!


Appendix

Extra

ブロとも申請はこちら!

この人とブロともになる

お、こいつ気が合うなって人は是非!

カウンター

プロフィール

すずのもく

   すずのもく
ポニーテールをこよなく愛す変態。
お酒大好き。
映画大好き。
カラオケ大好き。
雨の日大好き。

なんでも好き。

最新記事

ぴくしぶ

ツイッター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
22775位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
イラストブログ
1390位
アクセスランキングを見る>>

参加ランキング

にほんブログ村 イラストブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。